Ark hair
iwai yoshiki ブログ

似合わせカット 〜ベース型応用〜

今回はベース形の応用です

ベース形の基本はエラ部分より
上の部分にボリュームのポイントを
もってくると良かったですね!

もう一つ重要なのが、
頬からアゴにかけて
髪の毛の厚みが必要になります

まず顔周りでエラ部分より少し上に
ボリュームがでる部分を作ります

この時に軽くならないようにカットします!
そして耳の横あたりにボリュームがでるようにして、
顔に向かって締まるようにします!

上から見た時に耳の部分から顔に向かって
三角形になる感じですね

そしてできるだけ、レイヤー(段差)をいれないようにします!
これで、エラの部分に自然に顔周りの髪の毛がかぶさるので、
輪郭をカバーしながらのAラインができます

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧